Top > Voices

生徒の声

法政大学社会学部 武蔵大学社会学部・経済学部 東洋大学国際地域学部 合格
Y・Sさん(横須賀学院高校卒業)

僕は中学2年の終わりからこの塾にお世話になりました。この塾に通うきっかけは学校の定期テストで赤点をとってしまって、勉強法がさっぱりわからず途方に暮れていたところに近所にあったスピリチュアルトラストが自分に合いそうだと親に勧められ、入塾することに決めました。

(学習について)
中高一貫に通っていてほとんど中学のとき勉強をしてなかったので、高校の初めのとき英語は平均点を目標にして勉強をしていました。高2になって文法が徐々にできるようになり、遅れて長文読解も平均点をかなり超すことができるようなりました。普通ならやらずに捨ててしまう定期テストを何度も理解できるまで復習しました。しかし、学校のテストはとれても外部模試はあまりよくなく、部活を引退しても成績は安定せずセンター直前模試でも安心できる判定が出ませんでした。このままだと浪人してしまうという危機感もあったけどかなりだらけてしまいました。そんな中、塾での宿題は一応はこなし速読英単語と過去に受けた模試の復習はほぼ毎日やるようにしました。これが功を奏したのかセンター本番ではテンパったけれど、運よくいい点数がとれました。

(部活との両立について)
最上級生になって嫌いなラントレをさぼるために「塾だから休む」という言い訳にしていたので両立とは言えないけど、それ以外は行っていたと思います。そんなことをしても許されるゆるい部活に所属していましたが勉強の面では優秀なやつが多くて受験期にとても励みになりました。あと、部活は最後まで続けた方がいいです。僕はサッカー自体は受験の前日でもネットで好きなチームの試合を見続けるほどで、いい気分転換にしていました。両立は大変だったけど、部活をやめようと考えたことはなかったです。部活をやめて希望進路に行けた友達がほとんどいなかったからです。

(最後に)
僕は嫌いなことをまったくやらない性格でした。例えば、家での勉強のとき、重要なところの蛍光マークや間違えたところのチェックはやっていましたが英語を書くことは過去問以外やっていなかったし、本当ならやるべきことらしい英文の音読をやりませんでした。しかし、こんな性格の僕でも最後までスピリチュアルトラストを続けることができ、目標のマーチに進学できました。

4年間、ありがとうございました。それと勉強以外で迷惑かけてすみませんでした。

東京音楽大学 声楽科合格
M・Wさん(横浜雙葉学園卒業)

STに初めて伺ったのは中学から高校に上がる時です。体験授業で、それまで何の意味があるのだろうかと思っていた品詞や文の構造の理解の重要さを教えて頂いて、目から鱗でした。その時は残念ながら生徒さんの定員数の関係で入塾は叶いませんでしたが、1年後にお電話を頂いて入塾する運びとなりました。私は英語が大の苦手だったので、それまでも家庭教師や塾をいくつか試しましたが残念ながらあまり結果が出ず、もしもこれで駄目だったら諦めようと思っていました。入塾してから初めて受けた定期試験でクラスが上がったことには本当に驚きました。

私は以前から音楽大学を受験することに決めていて、受験期に入ると音楽の勉強に時間をとられ、あまり他教科の勉強に時間を割くことができなくなりました。そのことを先生に相談すると、宿題を減らしてくださいました。毎日少しずつでも勉強した方が、1日にまとめてやるよりも効果的だというのがこの塾での教えでしたが、私はどうしても日曜日にしか時間をとることができなかったので覚えるのにも時間がかかりましたが、何度忘れても根気よく説明してくださいました。

語彙力に特に不安があった私ですが、毎週の単語テストのおかげで入塾当初に比べると何倍もの単語を覚えることができました。そして、先生に勧められる形で受けた英検2級のテストも、一次試験は直前に大した勉強をすることもなく合格することができ、二次試験の面接の方は、私はそれより下の級でも経験がなかったので、かなり初歩的な対応の仕方から教えて頂き無事に合格することができました。

本格的に時間がなくなり、受験という意味では英語に不安もなくなったので高3の途中までで退塾することとなりましたが、この塾で身につけたものがあれば最後の定期試験も乗り切れるだろうと思います。STに通えてよかったです。本当にお世話になりました、ありがとうございました。

慶應大学経済学部、慶應大学商学部、
上智大学経済学部 合格
S・Oさん(浅野学園卒業)

私は中学生の時から成澤先生にお世話になりました。
初めはあまり乗り気ではなく、体験授業にとりあえず行ってみるという感じでした。しかし先生がフランクでやりやすさを感じたので通う気になり始めました。

私は基本的に週1回のペースで、これは受験期でも同じでした。
しかしながら私は野球部に所属しており日程もハードだったため授業を休むこともしばしばありました。
ただそんな中でも先生は私を信頼してくださり辛抱強く指導していただきました。その点先生には感謝の念しかありません。

(英語学習について)
基本的にSTでは自分でやってきた課題の復習がメインです。先生のご指導の下、とりわけ取り組んできたのが文法力と単語力の向上です。
持論ですが、結局の所、英語学習はこの2つの力にかかっていると思います。それは基礎的なことだけれど完璧にするにはとても時間がかかる所だからです。なるべく早い時期から集中的に取り組めば他と相当な差がつくと思います。高3で慌てて文法書や単語帳を始めるのでは難関校は厳しいと言わざるを得ません。
国公立大学を始めとした最難関校を目指す方は英作文、リスニングが気がかりだと思います。リスニングに関しては毎日英語を聴くことしかないでしょう。私の場合は速単必修編を聴きまくりました。
英作文に関しては採点してもらえる環境があること、これに尽きます 私は毎週1つ100語以上の英作文を成澤先生に採点して頂きました。その結果自分のクセ、反対に自分の得意な型を見つけることができ素早く、ロジカルに答案を作成できるようになりました。

(予備校について)
私は最後まで予備校には通いませんでした。決して自慢ではありません。行く余裕が無かったと言うほうが適切かもしれません。周りの友人のほとんどが通っていましたが、その内予備校を最大限活用できた人が何人いたでしょうか?周りがそうだからというような曖昧な理由で通い、とりあえず授業に参加するものの、ろくに復習もせず学校の勉強もおろそかになり...。もうお分かりでしょう。『予備校に行く必要なかったかも』こんな風になっては後の祭りです。私の意見では自分でできるならばなるべくそうすべきだと思います。

(部活との両立について)
私は高3の7月の引退まで野球部を続けましたので、本格的に受験勉強を始めたのは夏休みからでした。ですが本格的な受験勉強は予想以上に無味乾燥なものでいくら自分のためとはいえ退屈と感じることも多々ありました。私は飽きっぽかったので部活をやっていなければマンネリ化して燃え尽きていたでしょう。
これが浪人する多くの人が成績を伸ばせない理由なのです。勉強のために渋々部活をやめた人をたくさん見てきましたが、ほとんどの人が受験期にストレスを溜め込んで集中力を欠くようになったのです。
やりたいのであれば引退までやり遂げるべきだと私は確信しています。
ただし時間管理だけは常日頃意識してください。それが出来れば部活をやっていても受験に関してディスアドバンテージを背負うことはないと断言できます。

(最難関校合格のために)
配点、そして安定して得点が望めるということを考慮すると、英語を得意科目にすることが最も重要なミッションであることは間違いありません。数学や社会は弱点を埋めることを優先してください。特に早慶の入試では応用力より基礎力がものを言います。過去問では応用問題を解けても本番では解けなくなると考えたほうが良いでしょう。ですが問題作成者はそこまで無慈悲ではありません。英語と他教科の基礎問題が出来れば受かるように作ってくれているのです。

私が受験を終えた今語れるのはこのくらいのことです。皆さんの目標達成に少しでも活かして頂けたら光栄です。

日本大学生物資源科学部獣医学科、北里大学獣医学部獣医学科、
日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科、
酪農学園大学獣医学群獣医学類 合格
K・Kさん(横浜雙葉高校卒業)

SPIRITUAL TRUSTには高2の春から高3の受験までお世話になりました。入塾当時の私は文法の理解も未熟で、英単語においてはほとんど初歩的な知識しかなく、学校の単語テストは再試が当たり前という状態でした。その影響で模試でも文法問題も長文も満足な成績が取れずにいました。

STでは毎授業で単語テストがあり、間違えた単語は次の授業で出来るまで復習をする為、単語力は着実についていきます。実際私もSTに通い始めた頃から学校の単語テストの点数もじわじわと上がり、高3の夏休みに「ターゲット」を仕上げ直した後からは単語力がぐっと上がり長文もスムーズに読めるようになりました。

また、STでは単語だけでなく、文法の問題集、模試の復習なども徹底的に完璧になるまで繰り返し学習します。いくら良い問題であっても一度解いただけで満足しては完全にはならない、ということを先生に教えて頂きました。
私自身も何度も何度もやり直すことで初めてその問題が自分のものになり、それが成績に直結することを実感したことで、勉強の本質を知ることができました。
その事を理解した頃から他教科でも同様の繰り返し学習法を実践するようになり、結果としてセンター本番では5教科7科目で8割超え、英語はリスニング含めて9割を得点できました。
また学校でも英語の習熟度別クラスは一番上のクラスに上がり、学年順位も120位上昇しました。

受験を終え、私は獣医師という幼い頃からの夢のスタートラインに立つことができました。これも全て成澤先生のご指導のおかげです。
STに通う前の勉強法、意識ではとてもこの夢に届けなかっただろう、と思います。
夢への道はまだまだ始まったばかりですが、この2年間で先生に教わったことを胸にこれからも精進していきたいです。
STに出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。

上智大学総合グローバル学部 合格
M・Mさん(横浜共立学園卒業)

わたしは中学生の頃、英語が大の苦手でした。英語の塾を転々としていたとき、この塾にたどりつきました。SPIRITUAL TRUSTではどの塾も教えようとしなかった、基本中の基本、知ってて当たり前の品詞の種類、構文の種類など、最初から丁寧に教えてくれました。高1の一夏で基本をじっくりやったことがきっかけで、そのあとの学校の授業では効率良く吸収できるようになり、成績も最下位から上位となり、なにより、英語が大好きになりました。それからは苦手だった英語は武器となり、留学やさらなる英語の勉強をすることができる上智大学に入学できました。
英語が苦手、というのは基本がしっかりしていないだけなのだと思います。問題はなんとなく解けても、実際よくわかっていない、という受験生が多くいました。基本で差を付けることは大切だと思います。わたしの英語の世界へのファーストステップを与えて下さった成澤先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

立教大学文学部、玉川大学観光学部、
日本大学文理学部・国際関係学部、東海大学工学部 合格
Y・Yさん(捜真女学校卒業)

私が受験を終えて今一番思うことは、英語を成澤先生に教えていただいて本当によかったということです。そして、私の受験の結末を左右したのは英語だったというのも過言ではないと思います。
私がSTに通い始めたのは、高1の夏休み前位でした。高1の3学期にオーストラリアへの留学を決めていた私は少しでも英語力をあげたいと思い、地元付近にあったSTに通うことにしました。体験授業で、SVOCなどの英語の基礎事項や、簡単な語彙のテストを受けました。英語は嫌いではなかったし、そこそこできると思っていたのですが、私はこのテストが全然わかりませんでした。焦った私は中学生レベルの英語からやり直しました。
先生はそんな私を見捨てることなく、本当に熱心に教えてくださいました。そして基礎的な事を覚えなおした上で、3か月間留学しました。STに通っていた理由は留学のためだったので留学前にSTをやめてしまいました。
帰国後は大学受験の塾を選ぶために、他の大手の塾や個人塾の体験授業を受けました。でもなかなか“この先生にならいたい”と思える先生に出会えませんでした。
そこでふと成澤先生が思い浮かびました。1度やめていたので、断られるのを覚悟の上で、先生に相談しました。先生は既に定員の人数を超えていたのにもかかわらず、快く引き受けて下さいました。この時のことも、本当に感謝しています。
私はバレーボール部に所属していて、高3の6月の引退まで、週6日の練習をしながら週1日のペースで通っていました。私の学校のことや、部活のことをいつも考慮しながら授業を組んで下さり、大変助かりました。
先生の授業方針としては、必ず宿題をしてから授業に臨むこと、そして復習をしっかりすることが前提です。これはかなり基本的なことですが、大手の塾で英語を習っていたら、こういうことを怠る人もいるのではないかと思います。
わからないことは、丁寧にゆっくりと生徒が理解するまで、色々な方面から教えて下さいます。個人塾なので、基礎的な事がわからなくても、何でも聞けるというところも、良いところだと思います。そして、先生は英語以外の相談にも乗って下さいました。先生が扱うのは市販の参考書なのですが、数多くある中からの厳選の1冊を通い始めた時からずっと使っていました。高1,2の時はとても難しく、先生の説明を聞きながらやっと内容を理解できるという感じでした。でも何回もやるので段々わかってきます。受験までに、5?6週はできたと思います。しかし、丸覚えはだめです。受験で応用が利かないからです。先生は常に“なんでこうなる?”とか“どうしてこう考えたの?”と、根拠を根掘り葉掘り聞いてきました。私はこの質問がいつも苦しかったのですが、今考えると英語の伸びにかなり影響していたと思います。
先生は生徒に対してすごく熱心に教えて下さいます。受験が近づくにつれて、補習を増やし、また常に生徒のことを考えていて、私も私の両親も、先生をとても信頼していました。 引退してから、それまで以上に勉強する時間が増え、どんどん英語ができるようになっているのがわかりました。勉強するのが楽しくなって、もっとできるようになりたいと思うようになりました。先生は最後の受験の日の前まで教えて下さり、受験の当日に応援メールを下さったり、常に気にかけて下さって、一緒に戦ってくれている気がして安心して試験に臨むことができました。
不可能を“可能”にしてくれるのが、成澤先生です。STに通う前は全く受験レベルに到達していなかった私が、行きたかった大学に合格することができました。本当に夢のようです。“努力は人を裏切らない”一生懸命やることが結果につながるんだということを教えて頂きました。
そして先生、引退試合に応援に来て下さって、ありがとうございました。本当にこんなにすばらしい先生はいないと思います。STに通えてよかったです。今までありがとうございました。

慶應大学文学部・環境情報学部、早稲田大学文学部、
明治大学国際日本学部、立教大学文学部、
日本女子大学人間社会学部、中央大学総合政策学部、
明治学院大学文学部 合格
M・Tさん(山手学院高校卒業)

私は高2の春から高3の受験期まで約2年間STにお世話になりました。入塾当初は文法の理解も乏しく、知っている英単語数もかなり少なかったので、学校のテストでは平均点以下が当たり前でした。
しかしSTで文法や英文の構造、それぞれの品詞の役割など英語の基礎をしっかりと学び、また1冊の単語帳を毎回のテストを通じて徹底的に覚える事で高2秋には学校の定期テストでクラストップ3入りし、高3の夏のマーク模試でも200点中171点を取ることが出来ました。
英語が飛躍的に伸びた事で大学受験の志望校の範囲も広がり、早稲田を目指す事に決めました。
しかし最後まで他教科を伸ばしきれず、早稲田や滑り止め校も不合格という結果に終わりました。
今まで自分なりに一生懸命頑張ってきたので、落ちた時は本当に悔しく、またどうしても早稲田に行きたかったので、私は浪人する事に決めました。

浪人期では他の予備校に通っていましたが、成澤先生とはしばしば連絡を取り合い、いろいろと相談に乗って頂きました。また浪人してすぐに行われた4月のマーク模試では200点中200点という満点を取ることが出来き、今までSTで身につけてきた自分の英語力を改めて実感し、さらにそのことがモチベーション向上にも繋がりました。
予備校の1年間は国語などの苦手科目を中心的に勉強し、英語は毎日長文を読んだり現役の時に使っていた単語帳や文法書を繰り返すくらいで、あまり時間も費やしませんでした。しかし模試での英語の偏差値は毎回65〜70をキープしていました。
また浪人期には志望校も慶應大学文学部に変わったため、私は5月くらいから電子辞書の使用を辞めて以前から先生に勧められていた紙辞書を使うようになりました。
紙辞書を使う事で英語をより深く理解出来るようになり、また難単語も簡単に覚えられるようになりました。
そして結果として浪人期のセンター試験本番では英語で194点を取ることができ、また一般の私大入試でも第一志望の慶應大学文学部に合格する事が出来ました。

私の受験は2年間という長いものでしたが、私は受験を通じて初めて本気で努力し、そしてそうした努力がきちんと報われるという貴重な経験をしました。
そうした経験が出来たのもSTに通って自分の英語力に自信が付き、高い目標を立てられたからだと思います。
先生には本当に感謝しています。今までありがとうございました。

筑波大学情報学群、明治学院大学法学部 合格
H・Kくん(聖光学院高校卒業)

 私がSTに始めてきたのは高三の春のことであった。中学入学の頃から英語が苦手でそのまま放置を続けてきて英語がどうしようもないほど手が付けられなくなったからである。電話をしてその日のうちに体験授業を受講しその成績の悲惨さに驚かれたが、ともかくSTでの英語の授業が始まった。基礎的な内容である語形からしてあやふやな私の英語であったが基礎的な英語の問題集と単語集を用いた丁寧な解説と毎回の単語テストを繰り返し、時に怒られ時には褒められながらの授業で秋ごろには、二桁台だったマーク模試がどうにか百三十点台に伸びてきた。しかし、それでも五年分のたまりに溜まった英語のつけは返せず、センター試験では他の教科も伸び悩んでいたこともあり志望校には不合格で終わってしまった。
 浪人生として迎えたST二年目は予備校との掛け持ちでひたすら全ての教科を伸ばし第一志望の合格を目指した。何度繰り返しても忘れてしまう単語や文法問題を呆れられながらも何度も丁寧に解説してもらうことで英語の力を身につけていった。マーク模試でコンスタントに七割超えを出し始めたのもこの頃からである。自分だけの単語表や長文問題で自分が間違えた部分を何度も何度も繰り返し、ついには英語が安定した自信がもてる教科の一つにまで押し上げることができた。センター試験でも他の教科の失点を英語で取り返すといった一年前では到底考えられないことまでできるようになっていた。そして、私は第一志望の大学に合格することができた。

明治学院大学国際学部合格
K・Fくん(聖光学院高校卒業)

英語は中高6年間授業を受けましたが、最後まで基礎的な文法が分からず、This is a pen. 止まりでした。
進学校であるがゆえに、中学レベルの英語に戻ることはなく、最後まで難解な長文だけやらされていました。
STでは基礎の基礎から始めるので、自分が知らなかった穴を埋めることができ、中高の授業で聞かされた内容がひとつずつ結びついていきました。そして1:1の授業なので、講義を一方的に受ける形式の「理解したつもりで終わり」がありませんでした。

自分は7月に入塾して2月の受験までの、約半年という短い期間通っていました。
気づいたら英語が得意になっていて、成績が伸び悩むということがありませんでした。(ST注 8月全統マーク116点から 10月全統マーク168点 全統11月センタープレ195点 200点が満点で1問ミスのみ 偏差値+13)
中高6年間の英語の授業とは何だったのか、と考えたりもしますが
やはり、基礎的なことから体系的に学習しなければ何事も会得出来ないものだと思います。

そして今、自分は授業を全て英語で行う大学に進学しようとしています。
英語嫌いだった自分が、英語が得意になり、英語が好きになり、さらに大学で英語を専攻することになるとは自分でも少し出来すぎな気もしますが、事実です。人間だれしも得意な事は好きで、不得意な事は嫌いなものなんですね。英語が不得意で嫌い、そんな人にこそSTはぴったりだと思います

英語は語学なので、勉強法は一つではありませんし、先生ごとに言うことが変わることすらあります。大事なのは、着実に一緒に勉強を支えてくれるパートナーではないでしょうか。

STは必ずやそのニーズに答えてくれるでしょう。

勉強のやり方について(あくまでも私見です)

単語は基礎からやるとよい、同時に発音も、もちろん文法は言うまでもなく。
pass単の熟語は使い勝手が良かった。 人間は忘れる生き物なので、忘れることをいちいち気にしないように。
自分は、お腹がすいた、トイレに行きたいレベルの生理現象だと割り切っていました。
リスニングはやらないと劣化します。同じものを聴き続けても頭で内容を覚えているので、頭で処理する練習にはなりません。
模試やセンター試験では時計を持って行きましょう、時計はいつも教室にあるとは限りません。

志望校はなるべく早めに決めて赤本をやりこみましょう。

産業能率大学情報マネジメント学部合格
N・Wくん(芝高校卒業)

 初めて英語に危機感を持ったのは高校1年生の時でした。高校1年になって初めてセンター試験の過去問を試しに学校で解かされ、周囲が100~120点くらい取っている中で自分は100点に届きませんでした。それまで中学3年生から割と大手の、宿題が無く行ったその場で問題を解いて答えあわせ・解説をするシステムの塾に行っていましたが、あまり英語の成績が良くなっていかないので困っていました。それで高校2年生になった時に受けたセンター試験の過去問で90点くらいしか取れなかったので、自分の家のポストに入っていた広告チラシを見てスピリチュアルトラストに入塾する事を決めました。

 前から単語力や語意力が自分には足りないなと思っていたのですが、STでは単語テストは毎回必ずあって、同じ範囲を繰り返して何回かやっていただいたので2回目、3回目くらいには大分覚える事ができました。毎回の単語テストをクリアするために、速読英単語やターゲット等の単語集を電車の中や家で何周も繰り返しやるようになりました。和訳や文法には少し自信があったので単語を覚えれば覚えるほど英文が読めるようになる感覚が増していくのが感じられました。その甲斐あって基本的な単語の多いセンター筆記では180点を取ることができ、より複雑で難しい記述模試や校内模試でも良い成績を出せました。(ST注 9か月で偏差値にして+16.5 記述模試で68.3 学年で135人抜き)

 STでは毎回沢山の宿題を出してもらっていたので、1日1回は確実に何かしら英語に触れていることが出来ました。またあまり自発的に勉強するタイプではない自分にはやりやすかったですし、マンツーマン指導なので大手の塾より短時間でも非常に充実した勉強ができました。元々大手の大勢の生徒がいる塾が苦手だったのでSTに行っていなければ今の英語力は無かったと思います。将来はここで培った英語力を生かして留学などしたいと思っていますが、こういう考えが持てるようになったのもSTのお陰だと思います。
本当にSTに行って良かったと思っています。

立正大学心理学部合格
N・Yさん(國學院高校卒業)

大学受験ではお世話になりました。

最初SPIRITUAL TRUSTに来たとき、私は英語の何たるかがまったくわからない状況でした。

長文読解はおろか簡単で基本的な文法問題すらも苦戦する有様でした。
STでは、基本的な英単語や英熟語を強制的に何度も覚えさせられ、間違えたものはきちんと覚えるまでテストされたり、1冊の問題集を何度も繰り返しやらされたり、勉強せざるを得ない状況まで追い込まれて英語を勉強するのは正直辛いものでした。大学受験の模試では、6月の時点では200点満点中65点でした。これではまずいと思い、辛いけども頑張ろうと決心して、与えられたものをひたすら一生懸命こなすことにしました。大学受験につながる英検2級の受検を勧められ、それに向けての過去問対策を進めました。文法問題も長文読解もリスニング問題も、普段の問題集や英単熟語同様、同じ年度のものをローテーションして出題の傾向をマスターしました。こうした夏期の努力により、9月の模試では少し点数が上がって81点が取れました。

しかし、まだまだ合格には程遠い点数です。夏は頑張ったのにそれほど成果が出ていなかったので愕然としました。しかし、いつかは成果がでると信じ、それまでのように地道に努力することにしました。10月に英検を受けたあとは、センター対策としてマーク式の問題集を使い、演習を重ねました。間違えた単熟語やわからなかった単熟語はチェックしてページの下に書いて覚えるよう言われました。私の場合それの量が多かったので辛かったです。そうしてむかえた11月の模試では、大幅に点数が上がって151点を取れました。(ST注 2カ月で+70点 偏差値で+15.5)

まさかこんなに点数が伸びるとは思ってなかったので嬉しかったです。こんなに英語に対して地道な努力をしたことがなかったので、努力すればこんなに伸びるんだととても驚きました。センター試験の後も、英検の時と同じように同じ年度のものを計画的にローテーションして、各校の出題傾向をつかみつつ、単熟語の最後の仕上げとして今まで間違えた単熟語から絞り出して大きな表にまとめ、それを覚えるよう努めました。単熟語も扱いづらいものが多く残っていたのでやはり辛かったです。また、長文も、最初は読むだけで苦痛でしたが、何度も同じ長文に触れることで徐々に慣れ、試験では安定した自信をもって取り掛かることが出来ました。

一生大学生になれないかと思っていた私ももう大学生です。大学では心理学をやりたいと思っています。もちろん英語ももっと好きになれるよう頑張りたいです。 この1年の英語の経験はとても貴重なものとなりました。これから英語を勉強していく上で大事な基礎になったと思います。 ありがとうございました。

東京都市大学都市生活学部合格
Y・Sさん(横浜隼人高校卒業)

私の受験勉強期間は9カ月というとても短いものでした。それでも第一志望の大学に合格できたのは先生のおかげだと思っています。

英語は嫌いでした。中学生のときに一度分からなくなって以来そのまま放り出した私は、簡単な文法でさえ上手く理解できず、分からないことを質問することさえも恥ずかしいと思い、どうすることも出来ませんでした。しかし先生はそんな私に、中学一年生からの内容を丁寧に教えてくださいました。そんな先生の授業は、一冊の教材を徹底的にやり込むというものでした。何度も繰り返し同じ問題を解くというスタイルは日々の学習習慣が全くなかった私に、初めて目に見える成長と、分からなかったものがわかるようになるという実感を与え、気付けば自ら進んで勉強するようになっていました。

それでも苦労したのは語彙力でした。これが全く無かった私が焦ることなく試験に挑めたのは、先生が授業前に必ず行う単語テストのおかげだと思います。単語テストは最も身近に勉強の成果を確認することができました。私にとって初め単語テストはあまり進んで勉強できるものではありませんでした。その頃は毎日単語を覚えるという地道な努力が苦手だったからです。しかし今では、先生を信じてこの小さな繰り返しをしたことが私の自信となり、そして本番では落ち着いて今までやってきたことができたのだと思います。

先生は私に「一生懸命取り組めば何事も不可能なことはない」ということを教えてくださったんだと思います。

英語が苦手という人はたくさんいると思います。そして私もその一人でした。しかし今は英語が好きになっただけではなくずっと学んでいきたいと思えるまでになりました。それは先生が熱心に教えてくださったからだと思います。私は、努力は着実に結果に結びつくということを体験しました。このことはどんなことよりも私に自信を与えたと思います。
先生ありがとうございました!

東京歯科大学歯学部公募推薦枠合格
M・Nさん(函嶺白百合学園卒業)

先生は毎回の授業終わりに単語の課題を出し、次回の授業にテストをするという指導方法でした。 一見、地道なように思えますが、何回も繰り返しやることで確実に定着していきました。
英文を読むときに決め手になることは、語彙力です。この繰り返しの単語テストのおかげで、私は英文をすばやく読むことができました。

私が授業を受けた感想としては、先生の授業はかなり濃い授業だったと思います。 例えば、私が参考書を普通にやり丸つけをして終わりにしていた問題を、次の授業の時にいきなり出されてとても困惑することが多くありました。私は復習中心の勉強はあまりしてこなかったので、この繰り返しに驚きました。また、「一度間違えた問題はいつ出されてもわかるようにしとけ」と言われました。 私はこんなにもしつこく何回も何回も復習する先生とは初めて出会ったので、正直泣きそうになったこともありますが、この授業がなければ、私は大学には受かっていなかったと思います。

先生は一度私が間違えた問題は何度も何度も解かせて、確実に自分のものにさせていました。
単語や問題集の課題の量は正直多いです。 しかし、やって損はなかったし先生を信じてついていきました。 毎回の授業での先生の熱い指導のおかげで、受験直前の長時間の授業でもあっという間に時間が過ぎていきました。 こんなにも英語に情熱を持っている先生は他にはいないです。私が初めて英語っていいなって思えた先生でした。

私は先生の授業を受けるまで、自分は英語はそこそこできると思っていました。 しかし、先生に出会ってそれは根底から覆されました。主語・動詞などさまざまな基本事項がおろそかになっていただけではなく、文法もぐちゃぐちゃに覚えていました。 先生は最初から丁寧にしっかりと教えてくださいました。英語の基礎を固める大切さを知りました。

英語を建て直したい!得意教科にしたい!という人には本当にお勧めです!
先生、ありがとうございました!

東邦大学 聖マリアンナ大学 東京女子医科大学 他 合格
K・Aさん(洗足学園卒業)

先生の授業は復習メインで、その場で定着させてしまうという形でした。
前の回の授業で間違えたものと、先生が瞬時に出してくる初見問題を繰り返すことによって知識が身についていったのだと思います。 「間違えた問題には必ず印をつけておくように」と、教えてもらったことは実際に入試本番で役に立ちました。 テスト前には印の多くついたものだけを念入りに見るようにしていて、試験本番では同じような問題が何度も出ました。 問題集をただ解くだけではなく、的確なポイントや間違えやすい答えなども付け加えて指導していただけたのも、英語の成績アップにつながったと思います。

また、英語を学ぶ上で紙辞書を薦められました。 はじめの頃は電子辞書に慣れていたので扱いにくかったのですが、次第に電子辞書では見ることのないようないろいろな例文やアクセントなどを見るようになり、楽しく単語チェックを出来るようになりました。 普段の単語の小テストではカバーできないほど単語力不足だった私にとっては、とても良い学習方法の1つになりました。 また、紙辞書は印をつけることができ、調べるたびに目につき、先生から突然例文の意味を聞かれたりするので焦りもあったのか着実に知識が増えていきました。

先生に会う前までは英語はかなり足を引っぱっていて、それなのに自分から勉強のすることがない科目でした。 しかし、先生の授業を受けて授業の復習をしていれば、自然と単語・文法・読解にまで復習が行き渡るようになっていました。 その結果入試本番では足を引っ張ることなく、合格を勝ち取れたのだと思います。

先生の教材の利用の仕方のポイントの1つである1冊を完璧にするというのは今まで他の教科でもなかなかありませんでした。 しかし、先生は口だけでなく、受験まで短期間しかなかった私に合わせてきちんと終わらせてくれました。 ただ終わらせるだけではなく、きちんと知識を定着させられるのは先生が初めてでした。

授業の復習をきちんとやり、先生の言うとおりにやれば必ず英語はできるようになると思います!
皆さんも頑張ってください!!

保護者の声

横浜市磯子区在住 K・Fさん

娘の編入試験でお世話になりました。
毎回授業後に、単語テスト・小テスト等の点数、学習内容、進度、宿題範囲、授業中の様子などについて詳細にメールをくださり、 学習状況だけではなく、精神面も含めて娘の状態を把握することができました。
文面にて纏めてくださるので主人にも伝え易く助かりました。
ここまで細かく見てくれるのは大手ではありえない事と思います。

娘の深夜の質問にも関わらず答えてくれているようでした。
試験まで時間の無い状況の中、早朝7時半からでも授業、休憩も取らず長時間の密度濃い授業をしてくださいました。

他社では、教材費・施設維持費・通信費・サポート費等本当に必要なの?と思える経費がたくさんかかるがSTは明朗会計でした。
教材も厳選していただいたずっと使い込む参考書だけで実費しかかかりませんでした。
そこから授業毎に単語テスト、確認テスト等のプリントを作成するというような、完全にオーダーメイド形式で授業をしてくれました。
授業料も後払いで安心です。

他塾では生徒の為というより営業に熱心であるように感じます。
面談も時間が合えばいつでも可能で、親の心配も聞いてくださり意思疎通ができ、とてもありがたかったです。
勉強の仕方自体を解ってないような娘をよくご指導いただき、巡り会えたことに感謝しております。

推薦者の声

以下の方々よりご推薦いただいております。本当にありがとうございます!

東進ハイスクール・駿台予備学校講師 山之内聖拡

教える技術はあっても、教える情熱を持たない講師が多い中で、
情熱に溢れ、学生と正面からぶつかることが出来る数少ない講師、それが成澤氏。
彼のように「心で授業をする」講師とともに一緒に成長できる学生は幸せだ。



旭川市議会議員 上村ゆうじ

私は同郷の友人として成澤亮君の活躍を願っている。

一流大学を出て一流の企業に勤めるというのが普通の人生だとすれば、
彼は私の知る中でもっとも優秀でありながら
もっとも普通ではない人生を歩んだ男である。

私は彼の優秀な頭脳が学生のために役立つことを疑わない。
そして、彼の熱い心と稀有な人生経験が
学生たちの精神的な支えにもなることを信じている。

北の大地から、私は彼の活躍を信じている。



旭川実業高校進学指導主事 風早 秀俊

東海大学旭川キャンパス講師 山口 大

聖学院大学講師 北原 スマ子

株式会社 保坂猛建築都市設計事務所代表取締役 保坂 猛

元ボクシング日本チャンピオン・元WBA世界2位 プロスパー松浦

有限会社 メジャーレーベル代表取締役 新井祐二